自転車が上手に乗れない

JUGEMテーマ:健康


小学生の娘の猫背が気になって来院したのですが、2〜3回治療をしてもらってから自転車の練習をしたら、すんなり乗れるようになってびっくりしました。

一生懸命自転車の練習をしていたのですが、なかなか乗れるようにならずに、本人もどうしてなのかわからない様子でした。

自転車にまたがって地面を足で漕ぐのは上手にできるのですが、いざ、勢いをつけてペダルを漕ごうとすると上手くいかなくて、よくよく見てみると、右の足がうまく回せないようです。外側に開いてしまう感じでした。
注意してもなかなか直りません。

それが、こちらで施術をしていただいてから、練習をしたら、すんなり乗れたのでびっくりしました。
右の足の不自然な動きがなくなり、バランスもちゃんととれるようになりました。



この患者さんは、左腕と右足が硬かった(関節の可動域が狭い)ので、その調整をする施術をしました。
自転車をうまく漕げなかったのも、歪みが関係していたのですね。
歪みは、姿勢などの目に見える歪みのほかに、左右同じ動きができない、という歪みもあります。
スポーツを一生懸命練習してもなかなか上達しないのも、歪みが関係していることが多いんですよ。それに気づかずにハードな練習を続けると、体を壊してしまいますので気を付けてくださいね。



猫背|歪み|


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

気になる症状で検索

カテゴリー

新着記事

過去記事

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM